民泊許可手続き代行サポートします。

 

今後、無許可営業を行う施設を取り締まる方向へ政府は動いており、
社会問題化しているので警察は警戒を強めています。
知らなかったじゃすまされません。※実際に民泊業者が書類送検されています。

 

民泊の無許可営業で逮捕されて、ニュース報道により
実名がネット上に拡散してしまっては大変な事になります。

 

2016年4月から民泊が全国で解禁されたが
旅館業法の簡易宿所として許可が必要となります。

 

全国で約2万カ所に上るとされる
民泊は大半が旅館業法に違反した無許可営業とみられ、
近隣住民とのトラブルなどが社会問題化しています。

 

 

今すぐ専門家に無料相談する(全国対応)

 

民泊許可手続き、民泊運営サポート、集客代行や公的融資・助成金手続きなど対応します。

 

 

 

民泊許可手続き、民泊運営サポート、集客代行や公的融資・助成金手続きなど専門家ネットワークがサポートをいたします

上記以外にも様々な専門家15名以上がそれぞれの分野で対応可能です。(ページ都合により割愛)
許認可申請のスペシャリストや法人設立の専門家や認定支援機関の税理士・元税務署の税理士
特定社会保険労務士や就業規則作成、助成金申請専門の社会保険労務士
外国人雇用手続きの専門家や契約書、ネット集客のコンサルタントなどが対応可能です。

 

民泊運営の問題が解決できない理由とは?

 

つばさコンサルティングネットワーク主催
行政書士横山コンサルティング事務所 横山直和です。 
私自身、行政書士として10年間様々な事案に対処してきました。

 

民泊運営の要望や問題は多岐に渡っており、
その全てをひとりの専門家が解決するのは困難です。

 

そういった起業、経営の問題を解決するために専門家集団として、
つばさコンサルティングネットワークをつくりました。

 

私は行政書士でありながら、一般社団法人WEBライティング協会認定資格 
SEOマスターコンサルタントでもあります。つまりネット集客の専門家です。

 

つばさコンサルティングネットワークには
民泊許可申請手続きの専門家、税務の専門家、法人設立の専門家や
資金調達、資金繰り改善コンサルタントなど多岐にわたっています。
きっと貴社のお役に立てると思いますので、まずはお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

つばさコンサルティングネットワーク主催 横山事務所が雑誌掲載されました。

 

 

 

今後、無許可営業を行う施設を取り締まる方向へ政府は動いており、

 

社会問題化しているので警察は警戒を強めています。

 

知らなかったじゃすまされません。※実際に民泊業者が書類送検されています。

 

 

民泊の無許可営業で逮捕されて、ニュース報道により

 

実名がネット上に拡散してしまっては大変な事になります。

 

 

2016年4月から民泊が全国で解禁されたが

 

旅館業法の簡易宿所として許可が必要となります。

 

 

全国で約2万カ所に上るとされる

 

民泊は大半が旅館業法に違反した無許可営業とみられ、

 

近隣住民とのトラブルなどが社会問題化しています。

 

旅館業法概要

 

簡易宿所営業の施設の構造設備の基準については、

 

旅館業法施行令で次のように定められている(旅館業法施行令1条3項)。

 

客室の延床面積は、33平方メートル以上であること。
⇒民泊解禁により宿泊者が2人から9人の場合は1人あたり3,3uに緩和されました。

 

階層式寝台を有する場合には、上段と下段の間隔は、おおむね1メートル以上であること。

 

適当な換気、採光、照明、防湿及び排水の設備を有すること。

 

当該施設に近接して公衆浴場がある等入浴に支障をきたさないと認められる場合を除き、
宿泊者の需要を満たすことができる規模の入浴設備を有すること。

 

宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の洗面設備を有すること。

 

適当な数の便所を有すること。

 

その他都道府県が条例で定める構造設備の基準に適合すること。

 

 

民泊許可手続きの代行費用について

 

民泊許可手続きの代行費用は10万円からになります。

 

調査等も含めて、状況により具体的な価格は違いますので

 

まずはお問い合わせフォームからお見積りください。

 

 

無許可営業にならないようにサポートしたり、

 

行政側と依頼者様との調整等を行います。

 

 

今後、無許可営業を行う施設を取り締まる方向へ政府は動いており

 

社会問題化しているので警察は警戒を強めています。

 

 

面倒くさいという理由で許可手続きを怠り、逮捕されてしまっては、

 

せっかく民泊営業で築いた売上やブランドを一気に失うことになります。

 

 

逮捕されて、ニュース報道により

 

実名がネット上に拡散してしまっては台無しです。

 

 

民泊許可手続きをすることは

 

ただ、単に無許可営業にならない為といった理由だけじゃありません。

 

 

実際に部屋案内ページで民泊許可取得済み 

 

許可番号●●●●といった記述をすることで

 

他の無許可営業者とは違い、

 

ちゃんと運営しているんだというアピール材料にもなります。

 

 

自身のホームページを持っているならば

 

そこに民泊許可取得済み 

 

許可番号●●●●といった記述をすることでブランディングになります。

 

顧問行政書士●●●●といった記述もあれば

 

尚更安心されるでしょう。

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

ここまで読んでくれた、あなたからの連絡をお待ちしております。

 

 

 

今すぐ専門家に無料相談する(全国対応)

 

民泊許可手続き、民泊運営サポート、集客代行や公的融資・助成金手続きなど対応します。

 

 

よく頂く御質問に回答いたしました。

無料のメール相談はできますか?

メール相談は無料です。どんな内容でもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォームに相談内容を記入して下さい。

対応エリアは名古屋だけですか?

対応エリアは全国対応が可能です。地域にあわせた専門家を紹介します。

許可基準を満たしているのか無料で確認できますか?

はい。無料で確認いたします。何をすれば許可基準を満たすのか等をお客様からの情報をもとに確認致します。
正式に依頼するまでは一切お金は頂きません。ご安心ください!

正直、正式依頼するか迷っていますが、相談に乗って頂けますか・・・?

はい。お気軽にご相談ください。お問い合わせフォームからご連絡頂ければ回答させて頂きます。お気軽に連絡してください。

 

ご依頼費用についてはご希望の設立手続き内容やご依頼内容によって違います。

 

状況によるので詳しくは御相談ください。

 

 

今すぐ専門家に無料相談する(全国対応)

 

民泊許可手続き、民泊運営サポート、集客代行や公的融資・助成金手続きなど対応します。

 

このお問い合わせフォームは個人情報を保護するSSLジオトラストを使用。

ジオトラストは、SSL証明書、暗号化技術と第三者認証サービスにおける、

全世界シェア 第二位のリーディングブランドです。